分かりやすい、リフォームローンの手続きの方法

>

リフォームにかかる費用の相場

リフォームローンと住宅ローンの違い

まず、よく耳にする住宅ローンですが、住宅ローンとは、住宅を購入する際に借り入れるローンの事を言います。
ですが、住宅ローンをリフォームをする際の資金にも利用する事が可能です。
住宅ローンは担保型と言われる、借り入れる時に担保が必要なタイプがあります。
リフォームローンは担保が必要ではない、無担保型というタイプがあります。
担保型は、簡単に言うと借入額が多く安い金利で、返済期間も長く設定できます。
無担保型は、逆に借入額が少なく、金利も高く、返済期間も短いです。
借り入れる額が多ければ多いほど、担保型でローンを組む方が良いですね。
すべてはリフォームの工事費用によって、ローンの組み方も変わってくると思います。

無担保型のローンのメリット

担保型に比べて、無担保型の方が金利も高いし、借入額も少ないから、良い所が無いと思いますよね。
無担保型のローンの方が良い点があります。
それは、担保型に比べてかなりお手軽な手続きで行ける事です。
提出する書類も担保型に比べて少ないし、審査期間もかなり短いので、申し込んだ当日に審査が通ったりします。
そして、大事な保証人も不要な事が多いようなので、お手軽に申し込む事ができます。
担保を登録するのに、保証料や事務手続きなどで20万円ほどかかってしまうので、100万円以下のリフォームであれば、逆に担保型にすると、高くついてしまいます。
リフォーム費用や工事費用がそこまで高くなければ、無担保型のローンを組む事をオススメします。
担保型か無担保型か、業者の見積もりを見て、どちらにするか考えてみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る