分かりやすい、リフォームローンの手続きの方法

>

リフォームローンの仕組みや条件

ローンの審査項目など

ローンの審査項目について、簡単にご紹介します。
金融機関はどういった基準で審査するのか、どういった事を考慮するのかと言うと、まず完済時の年齢です。
そして、借り入れる人の健康状態、借入時の年齢、年収、勤続年数などが審査基準、項目です。
また、担保型にする際は、その担保の評価も項目に入っています。
他にも、借り入れる人の業種や雇用先の規模、家族構成なども項目に入ってる金融機関もあるようです。
特に重視されている項目は、完済時の年齢と健康状態です。
完済するまで経済力を保てるかどうかというのが大きなポイントになっているようです。
借入額や完済までに何年かかるのか、自分の年齢とも相談し、考えてみる必要がありそうです。

審査を通るためには

審査項目はたくさんありますが、だいたいの審査を通るためのポイントと目安をご紹介します。
借入時の年齢としては、20歳から70歳。
完済時の年齢も、だいたい20歳から80歳と言われています。
また、最低の年収は200万円から300万円です。
勤続年数は1年から2年で大丈夫だそうです。
健康状態は、団体信用生命保険に加入できることがポイントです。
これらのポイントを抑えてえおきましょう。
そして、ローンを借り入れるまでの審査は二段階ある事も忘れてはいけません。
一般的に、仮審査と本審査の二段階があります。
仮審査はインターネットなどで、借入額や返済期間などを入力すると、簡単に行えます。
そのあと、電話や郵送で審査結果が通知されて本審査という事になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る